【地球や人にやさしい】エシカル、オーガニックについて

こんにちは。株式会社7&COLORSスタッフです。

今回はオーガニックについて取り上げていきます。

SDGsを意識する上で、「エシカル、オーガニック」はかなり耳にすると思います。エシカルについては、以前の記事で取り上げました。今回は「オーガニック」についてです。

オーガニックとは

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会の提議している「オーガニック」とは以下です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

引用:JONA

オーガニック、有機の意味、無農薬との違いなどをQ&Aで説明します
オーガニックや有機の意味やその目的、無農薬との違い、有機農法や肥料について、SDGとオーガニックの関係などユーザー様に寄せられた質問を基にお応えしております。

オーガニックは元々「有機的な」という意味があります。化学肥料などを使わず、自然由来なもので作られたもの。そのため体に取り入れた時に安心安全で欧米、欧州では既にかなりオーガニックの物を取り入れることが進んでいます。オーガニック専門のスーパーもある位です。

ナチュラル、ボタニカルとの違い

ここで困惑するのが、「ナチュラル」や「ボタニカル」とは何が違うのか。

よくシャンプーや化粧品で見かける言葉ですが、この二つはオーガニックとは意味が違います。

言葉そのものの意味は以下です。

・ボタニカル: 「植物の」。化粧品に限っていうと「植物由来成分を配合している」

・オーガニック: 有機栽培(有機農業)で作られた農産物。有機化合物。

・ナチュラル: 自然な。天然の。

引用:CHINOSHIO

つまり、「ボタニカル」を謳っている商品は植物由来成分を使っていて、それがオーガニックかどうかは別の話ということになります。ナチュラルもしかり。

混乱することもあると思いますが、この違いを知っておけば、オーガニックやボタニカル、ナチュラルと書いてある日用品や、化粧品を選ぶ際に失敗は少なくなると思います。

企業の取り組み事例

日本でもオーガニック取り入れる動きが進みつつあり、イオングループのトップバリュでは、「グリーンアイオーガニック」という取り組みをしています。

「グリーンアイオーガニック」すべての商品に有機JAS認を取得しています。

有機JAS認証とは、

化学的に合成された農薬や化学肥料に頼らずに、遺伝子組換え技術を利用せず、

環境への負荷をできるだけ減らして作られたことを表す有機JASマーク。

引用:トップバリュー

オーガニック生産者とイオンを繋いで、自然にも人にも優しいオーガニックを消費者に届ける取り組みです。有機栽培している農家さんは、コスト面からも日本ではまだまだ少ないのが現状の様です。そのため、イオングループのような大きな企業から積極的なアプローチがあると、農家さんたちも、

ちなみに、欧米や欧州では既にかなりオーガニックは浸透していて、オーガニック専用の

だからこそイオングループのように影響力のある企業からアプローチがあると世間への認知もより一層浸透が早いのではないかと感じました。

◆弊社の取り組み

2月にオープンした、organic life & eye style RiboNはオーガニック、エシカルなどのサスティナブルな商品にこだわって商品を取り扱っています。

来店いただいたお客様により安全で、より元気になっていただけるように、商品選定もこだわっております。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント